経別、経筋療法

腰痛と右側耳鳴り、そして耳介・耳珠周辺の疼痛が愁訴
腰痛は慢性的なもの、耳は1週間前から
病院での検査結果は特に異常なし、「高齢、歳のせい」
と言われたとのこと。

という事は高齢になれば老人は皆、腰痛、耳鳴りなどが
発症するの?
屁理屈を言わず治療院としては事前に検査を受けているで
安心して治療ができます。

診断は腰痛は肝経別、耳鳴り、疼痛は小腸経筋の症
治療方法は
左肝経別 左太衝・・IP・・左瞳子髎
右胆経別 右丘墟・・IP・・右瞳子髎
右小腸経筋に経筋鍼による経筋治療を施術
最後に経筋鍼で入江式脊柱治療をして終える。

臓腑が病んでいる時は経脈ではなく経別を治療
経筋が病んでいる時は経脈ではなく経筋を治療
診断がすべて、治療は特別な手技は必要なし
IPコードと経筋鍼で対応ができます。

勉強になりますこの本は

001 004

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です