経筋の目

昨日の耳の疾患の方の症状は、耳鳴りは半減、疼痛はほぼ消失。
やはり経脈が病んでいる時は経脈を、経筋が病んでいる時は経筋
での治療が必要ですね。

これから冬にかけ経筋が病んでいるケースが増えてきますので
常に経脈の目と経筋の目を持っている事が大切です。

自分自身診断すれば脾経筋と三焦経筋が病んでいました。
「よもぎちゃん」を入れ入浴、よもぎの薬効を実感、心身共に
温まります。

湯冷めしないうちに就寝、おやすみなさい。

005

001

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です