経脈の補瀉 Ⅱ

経脈の流れが決まれば、いつものように経筋鍼で調整。
流れに沿って当てていきます。

012014

015

016

反応が消えるまで繰り返し行います。
経筋鍼の温度は心地よい程度で、施術前にまずは自分の
身体で、患部と同じ部位で試してから実施するように。
熱いからよく効くものではありませんので。

最近は全身、局所も経筋鍼での治療で対応してしまう
事が多くなりました、経脈の能力が凄いからです。

次回はこのケースで左右の調整を報告します。

051

067

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です