熱鍼で渦巻き Ⅱ

おはようございます (^∇^* )ノ
今朝もいい天気、外はこんな感じ。

017

ビオラはこんなに咲いてます。

018

今回は上腕骨外側上顆炎

症状はゴルフ、テニスやタオルを絞る、
物を掴む動作時に肘の外側に疼痛がでます。
そのためスポーツや日常生活にも支障をきたします。

一般的に治療は安静とストレッチなど
痛みが酷い時はステロイド剤、局所麻酔薬
の注射を行います。

安静と言っても腕を使わない訳にはいけません 。
どうしても使うため中々完治しませんのが
テニス肘やゴルフ肘です。

そこで熱鍼で簡単にできるケアを
外側上顆を中心に熱鍼で渦を巻きを
二ヵ所、ツボでいうと曲池と手三里付近

008 

ポイントは一番痛む圧痛点を探し、それを中心に
熱鍼で渦を描いていくこと。

施術前後にchairテストなどを行い疼痛の
違いの確認を。
日に2~3回できればベストです。

では今日も頑張ります。 ɸ(^ー^* )

001

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です