熱鍼で渦巻き Ⅳ

おはようございます、雨ですね パステル 雨 デコメ絵文字
紅葉も見頃ですが、少し残念

今回は頚椎捻挫?

ゴルフの打ちっぱなしでの途中、急に頸が痛み出す。
それでも我慢しながら最後まで練習を行う。
練習後、痛みのため頸を動かすことができなくなる。

帰宅途中で当院へ「頸が動かない、なんとかして~」と。
この方は身体に支障をきたすと当方を頼ってくれる。
頸の可動域を調べると後屈が0度、痛みのため全くできない。

動作をするたび頸がいたそうである。
座位での治療、ベッド上での治療が良いかと考える。
患者は「早く頸に鍼を打って」と訴える。

普段はそんな事を言わないのだが、よっぽど痛いのである。
取り合えずベッドに、入江FTで脈診部の反応を診る。
異常は感知しない。

私の師匠、入江正先生は身体のダメージは全てが脈診部に
投影される事はないとよく言われていた。
こういう、新鮮なダメージは直ぐには脈診部には反映されない。

五行まで反映されていないので陰陽のダメージを考える。
つまり奇経治療の選択であるが熱鍼での治療を行う。
まずは上下肢のみの経脈を熱鍼で治療、次に伏臥位。

普段はこれだけでも痛みは緩和して伏臥位の動作が楽に
出来ると思ったが、痛みは変わらず。
伏臥位なるまで痛みのため大変だった。

伏臥位、入江FTで異常部位の把握
督脈、岸膀にチェック

003

熱鍼で治療

ɸ(.. )

異常部位の中心から渦を描くよう上下二ヶ所施術

006

008

熱鍼後、置鍼

011

抜鍼後、もぐさテープを貼り終了

014

写真はイメージです。

施術後、痛みも可動域も変わらず。
伏臥位から起き上がるにも大変だった。

「四日後コースにでる約束しているのでなんとかして」と。
「三日続けたら大丈夫、続けたらね」と言い終了。

奇経治療を加えればもっと楽になっていたかもしれないが
経験上、急性的な疾患は三日続ければよくなる。

名人がすれば一回でよくなるかもしれないが。

二日目
状態は前日と同じ、後屈が全くできない。
寝返りをうつたび頸に激痛が走って寝れなかったと。

治療は前日と同じ方法で施術。
治療後、後屈の可動域に少し変化あり。
けっして満足するものではなかった。

三日目
開口一番「めっちゃ楽、頸が動く」と言われ
嬉しそうに実際に自ら頸を動かしてみせる。
可動域をみるとほぼ正常範囲に、痛みも軽減。

三日目も治療内容は同じ施術を。
施術後の起き上がり動作もスムーズ
「明日のゴルフ行くね」と一言
大丈夫と言う前に自分勝手にもう決められている。

いつもの事だから「ハイ、ハイ」と答え治療を終える。
ゴルフ後の状態を診たかったが
咽喉もと過ぎれば・・なんとかである。(_ _。)

また痛くなったら「助けて~」と飛び込んでこられる。
とりあえずゴルフに行けるようになりヨカッタ、ヨカッタ

患者様との信頼関係と治療の継続が大切ですね。

020

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です