お尋ねの件

質問;IPクリップの先に四角いアルミはくのようなものが
皮膚に貼ってありましたが、アルミはくなのでしょうか?

ハイ、家庭用のアルミはくです ɸ(.. )
アルミはくを適当な大きさにきります。
008

このままでは薄すぎますので適当な厚さに
なるまで折ります。
011

後は経穴に貼りテープで固定しIPコードの
クリップで挟むだけです。
014

不安定でしたらテープを追加します。
017

018

ご指摘のようにクリップだけでの貼り付けは不安定ですね。
このようにすれば安定し
経穴を面としてとらえますので取穴の誤差も生じません。

鍼が打てないケースや抵抗のある人には便利がいいです。
またFTやIPの使い方に慣れていないセラピストの方には
練習になりますね。

特に金属はアルミにこだわる事はないと思います。
同じ種類の金属を使えば問題ないと思います。

そして、ご存知だと思いますが
置鍼してIPで結線した時と
クリップを皮膚に貼り付けIPを結線した時は
IPの方向が逆転しますので!

また何か質問があればお尋ね下さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です