スムーズをさがせ

東洋医学は体表解剖学
臓腑経脈の情報を体表で把握、分析し治療するもの

体表にでている微小な情報を把握する診断法の一つとして
入江FT(フィンガーテスト)がある

異常ありをst(ステッキー)、異常なしをsm(スムーズ)とし
指先の感覚で検出するもであり
東洋医学には絶対に必要なものだと思っている

stかsmのどちらかで簡単そうだが、意外に難しい
異常な臓腑経脈をさがそうとし
ついつい指先に力が入り誤診につながってしまう

シンプルな診断法だがやはりコツがある

私は指先に力が入らないように
常にsmをさがすつもりで診断をしている

つねにstを捉えるかsmを捉えるかが
入江FT取得の別れ道かと思っている

今日はマニアックな話でした・・・反省f(^_^; スンマセン

012

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です