温鍼で散鍼

肩凝り腰痛に温鍼で散鍼を!

ようは温めた温鍼で

肩、頸や腰にランダムに温鍼で

点状刺激をするだけです

ポイント

・ツボではなく面としてとらえ

同じ点、箇所に何度も施術をするのではない

あくまでもランダムにアプローチ

・温鍼を温める時間、温度は

例えばろうそくやライターの場合

炎の傍に近づけるだけで2~3秒で十分です

熱源のない場合は指先でで温鍼の先を2、3秒擦るだけで十分

ようは温鍼を肌に当てたときヒヤッとしなければ良いのです

・くれぐれも温めすぎないように

温鍼を温めすぎると経脈がびっくりして滞りが酷くなります

・頸から肩にかけてなら10秒くらいで十分かと

やり過ぎないよう

002004

こらなら温鍼を持っている方なら直ぐにでもご自身に

アプローチができますね

早速やってみてください・・・感想をきかしてくださいね ペコッ○┓

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です