円筒磁石

毎日の日課、自己診断。

診断センサーを脈診部に置き

FT(フィンガーテスト)をおこなっても

今日はst(異常)が検出しない

006

という事は異常なしで健康・・・そんな事はないです

叩けばいっぱい埃がでる身体ですのでどこか異常があるはずです

そんな時は円筒磁石の出番

007

これは負荷をかけるものでstが鮮明に検出できるものです

色々使い方はありますが今回は各脈診部に置いていきます

FTをしていくと右寸でstを検出

あとは紙包磁石を使い虚実の決定をしたりして

まぁ結局診断、治療は肺虚、腎実で片がつきました。

円筒磁石を考え出された入江先生には敬服します。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です