温鍼で経別、奇経治療

昼間しゃがみ込んだ時、腰が・・・
o(><;)o いたたた

前屈、廻旋、う~クシャミ の時に
上仙穴周囲に痛みがはしります 。

歩行は出来るもヘッピリ腰気味
で、昼からの予定は中止

残念ですが、
まぁ鍼灸師ですから自身の治療は
色々試せるので楽しいです。

診断は勿論FT(フィンガーテスト)
今回は原穴診と井穴診と奇経診で
001002003

右肝経と左膀胱経がst(異常)、任・陰嬌脈st
へ~当たり前ですけど何時もと全然違う診断結果

急性期の時はIPコードによる治療が一番!
ですが、ここはやはり温鍼でどこまで対応できるか
診てみるいい機会なので

温鍼経脈治療で・・・はなく
最近はまっている温鍼による経別治療と奇経治療を

右の肝には太衝と瞳子髎、左の膀胱には京骨と攅竹
奇経には右列欠と左照海穴に

温鍼でトントンと反応が消えるまでタッピング
後は温鍼脊柱治療で終了

治療結果はまぁ半分ぐらい楽ですかね
温鍼での経別、奇経治療はもう少し研鑽が必要みたいです。 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です