マニアックな話ばかりで

日記と言いながら立て続けにマニアックな内容ばかりでスミマセンが

ついでにもう一つだけ、私流のFT(フィンガーテスト)での診断法です。

先ずは掌で全体を診ます、掌の中央に紙包磁石を置き

s極、n極のどちでsmなるかFTで診ます。

例えばs極を置いた時smなら実で瀉が適応とわかります

011012

瀉が適応とわかれば各脈診部にs極を置いていき

一番smになる脈診部を検出します。

013

右の尺でsmになりましたので心包か三焦を瀉の治療をすれば良いといくことです。

心包か三焦の決定は何時ものように円筒磁石で診ればわかります。

015

これでstなら心包の実で瀉が適応と診断がつきます

このやり方のポイントは一番smを探し出す事です

一度トライして見て下さい。

立て続けに書き込むと疲れます、また扁桃核のstが・・・

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です