IP(イオンパンピング)による経別治療

久々にIPによる経別治療をしました。

右脾経別と左胃経別です。

001

IP結線中はウトウト

結線後は頚、肩のゆるを実感。

臓腑まで病んでいたら

やはり経別治療がベストですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です