診断、こんな方法でアプローチ

診断に迷ったらこんな方法で

対応しています。

先ずは手のひらで虚実を決めます。

掌は身体全体を表すと考え

紙包磁石を掌の中央に置き虚実を決めます。

補でsm(正常)なら身体は

虚して補を欲しがっているとします。

001

次に各脈診部に紙包磁石の

補を当てていきどの脈診部で

一番smかさがしだします。

左の関でsmなら肝か胆が治療経となります。

002

後は円筒磁石で肝胆のどちらを選択するか

決めればいい訳です。

診断に迷われ時に試して見て下さい。

また感想など聞かせてもらえたら嬉しいです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です