当院の治療手順

当医院での治療手順は
仰臥位での診断がすめば
治療は先に腹臥位になってもらい
温鍼での脊柱治療と台座灸での施術。

008

次に仰臥位でのIPコードでの本治法と
臍への箱灸との併用で終了。
IMG_6102

最後に本治をするのにはIPコードの結線時間のため。
結線時間が画一的に決まっていればよのですが
個々によりsmになる差があります。

5分でよければ10、15分とまちまち、
最後に本治をすることにより
治療時間帯に余裕がもてます。

言葉ではわかりにくいですが
実際に比べてみると理解できるかと思います。

ただし、ギックリ腰などは本治から入ります、
何事も例外はありますので、臨機応変に対応です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です