自律神経失調には奇経治療

自律神経、交感神経は陽で副交感神経は陰と
捉え陰陽のバランスの乱れが自律神経の失調と
東洋医学的に考えられています。

陰陽の診断点に左右の角孫穴を診ますが
ここでのFT(フィンガーテスト)のstの左右差が
酷いほど自律神経の影響が大きいと捉えています。

ストレスの影響で自律神経失調症の方が増えています。
症状に関係なく角孫穴の診断を診るようにしています。

そして陰陽の不調和を整えるには奇経治療ですが
実際に自律神経のバランスを崩している方は
奇経治療の適応をする方が多いですね。

反対に奇経治療と適応と診断したら
自律神経の乱れが大きいと捉えてもいいですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です