不妊治療 Ⅴ

まとめ
衝脈は十二経脈を調整する血海であり、任脈は陰経を調節する
ため陰経の海と呼ばれ、その働きは胞宮(子宮)を司るとされ、
胞宮との機能と深く関わっている。

胞宮の機能が正常であるためには衝脈、任脈の気血の流れが
スムーズでなければいけない。

衝脈、任脈の流れが滞ると女子胞の機能も低下し不妊症などの
婦人科疾患に繋がっていく。

外治の鍼灸や内治の湯液で衝脈、任脈の気血の流れをよくする
事で胞宮の機能が正常化し不妊症などの婦人科疾患が改善される。

もちろん運動・食事・睡眠などの体創りも大切です、詳しくは
寺子屋お産塾のホームページを覗いて実行をして下さい。

入江FTに興味がある方はこちらを読んで下さい。

013

008

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です