シャープな反応

昨日、「寺子屋お産塾の仲間」一橋アシラム院長、田中先生が
使用されている棒磁石を使わせて頂いたところ経脈に対して
非常にシャープに反応、従来私が使っていた棒磁石より遥かに
補瀉の決定がわかりやすかったのでさっそく作ってみました。

幅1cm長さ10cmの厚紙(プラスッチク、木材でもいいです)に
フェライト製、800ガウス位の磁石(ピップエレキバンなど)を
経脈を当てる面に一方にN極を2個、他方にS極を2個を貼り付ける。

005

003

     
テープでしっかりと止める。

006
反対側の面に赤はS極、黒はN極と印をつけておく。
従来のものと比較。

016
・磁石は肌に直接当たるようにしない、テープで包む。
・800ガウス以上のものは使用しない。
・この条件が一番経脈に反応しやすい。 

左脾経に当てているところ、病んでいる経脈として、
この方向で 入江FTのST(スティキー、異常)がSM(スムーズ、正常)に
反応がとれたら左脾経は 虚していて補が適して いる事となる。

012 009 
督脈、膀胱経などの補瀉を決めるときは特に便利がよい。
これを考えだした入江正先生は天才、またこれを縦横無尽に
使いこなしている田中先生は凄い!!
私も追いつけるよう頑張らなくては。

021081

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です