診断能力

入江FT(フィンガーテスト)を人に教えていると感知する
処は基本的には指だが、人によっては腕、肩などに
異常を感じとれる方がいる。

こちらからはなにも言ってないのに肩、腕が重たくなり
ますと、特に女性が多い。
女性の方が感性が豊かなせいと思われる。

実は私も指以外に前腕部の筋が緊張したり弛緩し
たりする時がある。

この現象は科学での証明は不可能であり、またその
必要はないと思う。

まったく別の次元のものであるから、無理して科学で
証明をと考えるからおかしくなるのである。

科学も大切だが別の次元のものがあるの事を認識
して欲しいものである。

例えば磁石である、これで虚実、補瀉を決定する
事に対して素直に受け入れられるかどうか・・・

仙骨、脊椎の補瀉の診断

001

002
愁訴部での補瀉の診断

003004

二千年前に東洋医学を創られた先人達はこの様な
能力を持っていた筈である、また我々も持っている筈
だが今はそれを教える教育や技術のシステムが整っ
ていないのが残念である。

024003

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です