経脈の補瀉 Ⅳ

掌側も背側と同じ要領で経脈の方向を決め
上下の補瀉を行い、次に左右の補瀉を行う。

038

039

040

041

042

043

044

045

基本的には掌側から施術を、次に背側を行います。
リュウマチの変形、腱鞘炎などに応用ができる筈です。
色々試してください、そしてこの治療方法がもっと
広まって欲しいものです。

008

053

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です