横山式熱鍼 マスター講座 Ⅱ

熱鍼マスター講座Ⅱ無事終了しました。

午前は講義

075

熱鍼の注意点など
・火傷に注意(温度に気をつける)
・圧をかけすぎない(撫でる程度で十分)
・やり過ぎな(一回擦れば十分)
・方向、経脈の流れ(逆方向にしない)

午後からは実技

082

080

経脈の認識
筋の張りを経脈を伸展させる事で消去。

091

風邪の診断
まずは風邪を熱鍼でとる。

102

101

098

手の経脈をつかい頸の緊張をとり
そして確認している処。

予定時間をオーバーして終了
o(*^ー^*)o皆さんお疲れ様でした!

治療所の周りの山もすっかり紅葉しました。

024

043

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です