膝もダメ

走ったり、階段の昇降時

そして、そらとの散歩の時

左膝に痛みが走る。

ROMは正常、日常生活も殆ど支障なし。

でも負荷がかかると痛みが発症する。

様子をみるも軽減せず。

このまま、ほっとくわけにもいかない。

これとの散歩があるので・・・

「なに悪い事言うてんねん」

005

おっ、久々の登場やな!
「そんな事どうでもいいからおやつ頂だい」・・コテ ‘‘凹○‘‘

008

お前の相手してられへんから先へ進むで
とにかく、膝を治さんと散歩もいかれへんから。

診断もちろん入江式FTで、まずは掌診
左下焦でst、これは左腰、膝などに異常がある事がわかる。
032

次に愁訴診、
膝にセンサーをあてて異常な部位を大枠に把握する。
041

st(異常)、二ヵ所検出。
010

その内、どこが一番異常があるかセンサーをあて調べる。
018

020

×の処が一番stな部位。
023

異常部位が把握できたら次ぎは補瀉の診断。
入江式では補瀉は紙包磁石で調べる。
磁石を直接置くのではなく、紙に包んでいる処がミソ。
013

磁石を置きセンサーをあててN極でsm(正常)か
S極でsmになるか調べる。
014

015

内側も同じようにして決める。
017

診断の結果、内側はN極、外側はS極でsm。
つまり、外は補で内は瀉が適している。

治療は・・・あ~目がかすんできました。
目も腰も膝もダメですね・・・この続きは明日。
009

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です