研鑽とシュミレーション

今日は凄い暴風でしたね 雨 デコメ絵文字
こんな日はのんびりと入江式FTの研鑽を

先ずは漢方薬で研鑽、stの差を比較し
何度も同じ結果がでるか?意外と難しいですよ
016

次に入江式経別脈診の研鑽
自分の情報を投影した経別脈診図を使いシュミレーション
011

3ヵ所でst(異常)
009 

腎の臓に円筒磁石を置くと
残りの2つはsm(正常)に
012

紙包磁石S極を腎に置くと
六部上位脈診部も含め全てがsmに
015

という事は治療は腎の経別治療が適している事となる
普段からこういう事をして慣れていると実践でも
スムーズに診断ができると思います

自分の体を使い研鑽をする方法は色々あると思います
これはあくまでも私個人的な研鑽の方法ですので

次は腹診、経脈診で左右どちらがやんでいるか調べたり
棒磁石で補瀉を決めたり・・・

こんな事をしてたら風でフェンスが壊れました
あ~最悪(>_<)この続きはまた明日
031

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です