紙包磁石につて

紙包磁石は入江式の診断には必須のアイテム
補瀉の決定には欠かせないもの、でも何故紙包み?

テキストより
・・・瀉に相当するものを変換しますと磁石のS極であり
生薬でしたら寒剤とか涼剤であり、指であれば中指であり
貴金属であれば金か銅などです。

磁石を紙やビニールで包んだのは凄いアイデアだと思うのです。
磁石を皮膚に直接当てると反応がおかしくなります。
紙などに包まないと良い反応はでません。

昔は薬はそのまま飲んでいましたが苦い薬を飲む時だけは
オブラートでのみました。苦い薬は舌に非常に影響します。

それと同様に診断の場合は裸の磁石を直接接触するのはよく
ないのです。だから紙で包みますと本音みたいものが出てきます。
苦い薬を飲みますとその苦味のため他の反応が出てくるかも
わからないわけです。

オブラートに包みますと本当の効き目がでてくるというのと同じ
考えです。
S極を当ててsmになったら補瀉のところはSの刺激を欲している
わけです。 ・・・・・

納得・・・手前が紙包磁石、エレキバンを紙などで包んだもの
009

例えば、これをこんな感じで利用
愁訴診・・・熊手のようなセンサーで患部の異常をキャッチ
010

入江FTでキャッチした異常部位
013

紙包磁石で補瀉の決定、S極でsm(正常)なら瀉が適している
015

N極でsmなら補が適している事となる
017

治療は・・・また明日ヾ(^-^;)
001

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です