紙包磁石について Ⅱ

例えば異常部位にN極を当ててsmなら補が適しているとなる
次に指先を揃えたセンサーで異常個所をキャッチ
008

×が異常個所

009

異常個所に補の治療
皮内鍼で対応、入江式では補は枕なし
011

皮内鍼を刺入(クリックしたら大きく見れます)
016

テープで固定
018

次に異常部位の周囲を熱鍼で2周程点状刺激を
これは瀉の治療を行ったことになります
021

皮内鍼の替わりに熱鍼で異常部位の内を
斜めに刺激をしても効果あり
009

テクニックがいらないのが入江式のいいところ
誰にでも直ぐ出来ますね・・・明日はIPコードでの治療方法

う~紙包磁石と、かけ離れていきますね
もう暫くお付き合いを(*_ _)
002

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です