入江式脊柱治療 Ⅱ

腰痛、IPコードで左右の調整
FTで異常部位を把握
紙包磁石でst→smになるよう左右の補瀉を決定 
013

決まれば後はIPコードで結線
今回は釘を利用して結線
006 

016

縦横斜めなど経脈は走行しています。
それをIPコードや熱鍼で対応し治療ができますが
やはり入江式FTがなければ・・・
日曜日のセミナーで入江FTについて講義します。
あくまでも私の考察ですが、うまく伝わるかなε=(・o・*) フゥ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です