時々、IPコード Ⅵ

昨日はIPコードによる経別治療
経別が本治法なら今日は腰への標治法

異常部位を把握し左右にIPコードを結線
022

↓↑は督脈、岸膀、膀胱一行線
熱鍼で縦の経脈を調整し

IPコードで左右の経脈を調整を図ります
熱鍼で↑↓、IPコードで→、縦横に調整です
023

IPコードの先はこんな感じです。(⌒^⌒)b
024

縦横の経脈の異常が把握できれば
IPコードと熱鍼で十分に治療ができます
結局、鍼は一本も使用せず治療を終えました。(・∀・)イイネ!

しかし今日は暑いですね、そとは激しく雨が降っています
ムシムシしています、熱中症に気をつけて下さい。ε-(´o`;A アチィ

007

009

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です