時々、経別治療

経脈が病んでいたら経脈治療
臓腑が病んでいたら経別治療
と入江式では経脈、臓腑で分けて
治療を行う。

今日は頭鳴り、耳鳴りなどを訴える患者さん。
肝、腎の臓でst(異常)の反応あり
よって経別治療を施術。

肝経別には太衝・・・IP・・・瞳子髎
002

008

腎経別には太谿・・・IP・・・攅竹
006

009

IPコードで結線
013

あとは、頭鳴り、耳鳴りに効果がある経穴を診断。
腎経の太鐘、肺経の太渕で反応がsm
自宅でのお灸を指示し終了。
001

004

時には重度のケースもあるので必ず検査はしてもらうが
この患者さんのケースもそうだが、脳神経科でのMRI、
耳鼻咽喉科での検査で異常がなしと告げられる事で
本人は落胆される。

異常があるので診察に来ている、この場合は
「異常なし」ではなく「わからない」が正解であろう。

そして「異常なし」と言いながら病院からビタミン剤や
漢方薬を処方するのもいかがなものか。

頭鳴り、耳鳴りで悩んでいる方は多くおられるようで
鍼灸治療で劇機的に効く事もあるが
難しいケースもある。

しかし東洋医学では病を五行の変動とし診断し
それに対してアプローチをしていく。
決して東洋医学的には「異常なし」とは言わない。

え~後半は私の独り言 (# ̄З ̄) ブツブツ

098

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です