妊娠に繋がればいいのですが

東洋医学での五臓の内の一つ、腎の生理機能は
成長、発育、生殖に深く関連しているので
腎の機能が悪いと妊娠にも影響がでやす。

「赤ちゃん待ってます」と受鍼されている患者さんで
腎と関連する腰部、ツボで言うと志室、腎兪辺りの
硬結、コリが凄い、岩みたいに硬くなっている方がおられる。

熱鍼で仙骨、腸骨稜、脊柱、患部などに施術し
腰部の違和感は緩和しているが、このコリがとれない(‘-‘*)カター

とれないと、こちらも意地になり、なんとかしてとってみたい。
患部に鍼や灸頭鍼でとれるが、ここはなんとしても熱鍼でゆるめたい。

そこで腰部の反応がとれる五行をさがしてみると
すんなりと水の膀胱で反応がとれる。

さっそく片方の手でコリの酷いところに手を当て、
片方の手で帯状反応の膀胱を熱鍼で上下に擦ってみると
徐々に緩んでくるのが手の感触でわかる。

1分ほど擦っていただろうか、もちろん完全ではないが
岩のような硬い個所がやわらかくなっていた。

この腰部のコリがどれだけ妊娠への弊害になっているか
わかりませんが、これで腎の生理機能がアップし
妊娠力の向上につながると思っています。(*’ー’*)♪

image
021

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です