イオンパンピング療法と痛風

見た目は発赤が酷いですが昨日よりは楽です。
今日はIPコードを使っての奇経治療を行いました。
診断は衝脈・陰維脈でしたので
左内関・・・IP・・・右公孫
001

002

IPコードでの治療は本当に気持ちいいです
結線中は「1/f ゆらぎの世界」に陥った感じです。

30分ほど寝入っていまいました、その後は
身体全体がスッキリ!

熱鍼もIP療法も、もっと広まってほしいです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です