今日も雨

久しぶりの運動器疾患
産科であろうが運動器であろうが
要領は同じこと!

右膝、歩行時の疼痛
色々アプローチの方法はありますが
熱鍼とお灸で治療!

まずは右膝の異常部位をFT(フィンガーテスト)で把握
001002

膝の内側部位でst(異常)、異常部位がわかれば

後はこのstがどの経脈でsm(正常)になるか
その経脈のどの経穴でsmになるかFTで検出すだけ

脾経でsm、太白・陰陵泉でsmだったので
まずは脾経、帯状反応を利用し熱鍼で治療
次に太白、陰陵泉に凸~

003008

もちろん、腰部の治療もおこなっていますが
診断さえ正確に行えば後はテクニックのいらない
熱鍼とお灸での治療が一番のお気に入りです。

外は雨が降ったり止んだり、今日も見れませんo(*>Д<)ゝ

007

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です