マイブーム Ⅱ

診断の結果、例えば胃の経脈がst(異常)
この異常反応をどのようにしてsm(正常)にするか

いろいろな方法でアプローチができるが
私の場合は熱鍼で帯状反応にアプローチする
ケースが多い

この時、胃の帯状反応での
熱鍼の刺激部位、量、時間が曖昧であった

最終的には脈診部などがsm(正常)になればいいのだが・・・

的確なできる方法を模索していると
案外簡単の方法でクリアができた

例えば胃の経脈の異常が検出した場合
胃の帯状反応の箇所に熱鍼で擦りながら

001

入江式FT(フィンガーテスト)を行う
つまり、この場合左手のテスターを動かし
胃の帯状反応を熱鍼で擦りながらst(異常)な部位を検出する

002

内側から外側にかけ擦っていくと
st(異常)な反応が数ヶ所検出する

st(異常)が検出できれば後はsm(正常)になるまで
擦り続ければいいだけである

その結果脈診部等の診断部位が
stからsmになっていれば正確な治療と判断できる

この方法は脊柱や関節のクロスでも応用ができる
少しコツがいるが的確な治療に結びつける事ができる
・・・と思う

今週15日(日)から大阪で
寺子屋お産塾熱鍼セミナーを開催
関心のある方は覗いて見て下さい。

029

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です