自画自賛

今年に入ってから
入江 正先生が投稿された記事を読み直している

もう何十回も読んでいるが東洋医学の絶対的な基礎と
それに対する柔軟な態度、姿勢が必要な事が改めてわかる

例えば、風邪の治療で入江式の平田帯利用法である

024

平田帯の大腸に湿布を貼って
大腸経、肺経の経穴にマグレインを貼り付け
風邪の治療をされている

凄いと思うのは私だけですかね?

私が入江式経脈治療を帯状反応を利用し
熱鍼治療でアプローチしているのも案外いい線かも?

そんな事を思いながらそらと散歩
冬の散歩は日中に限りますね!

004008

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です