病名は違っても

今月は珍しく頚部の異常を訴え方が
続けさまに来院

寝違いでも頚椎ヘルニアでも治療方法は同じ
先ずはいつもの様に入江FTで五行の変動と
頚椎、胸椎の異常部位を把握

治療はそれに関連する帯状反応、経脈に
熱鍼でアプローチ
017

次に患部へ
棒磁石で督脈・膀胱経・帯脈の補瀉を決め
やはり熱鍼で治療を
018019

020

病名は違っても治療へのアプローチ方法は全て同じ
経脈、虚実、補瀉そして熱鍼!

もちろんIPコードでも治療は同じですが
熱鍼、IPコードのどちらでアプローチするかは
セラピストの好み?

まぁ、私は今年も熱鍼がメインになりそうです

002

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です