臓腑、経脈を調和

温鍼でもお灸でも
楽にはなるがどうも
胸部の違和感がスッキリしない

そこで治療方法を変更
経別、奇経治療を実施
これは臓腑経脈を同時にできる方法

心包経別
左内関・・・IP・・・左完骨

008

任脈、陰蹻脈
右照海・・・IP・・・左列欠

009

補瀉という概念はセラピストの技能によって異なるが
これは臓腑経脈を同時に治療、調和でき
テクニックにより優劣が付くという事はない
優れた治療方法です
久々にIPコードによる治療
*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*

今年もラベンダーが咲き始めています

001

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です