コミュニティ鍼灸

今アメリカではコミュニティ鍼灸の広がりをみせているらしいですね

特徴としては
ベッドではなくリクライニングチェアをいくつも置き
座位の状態で四肢、頭部に置鍼し
1時間で4~5人の患者さんを治療するスタイルです

低料金で沢山の患者さんが受診でき
鍼灸の良さを理解してもらうこともあるようですが

リラックスな状況で置鍼することで
患者さん自身が持っている自然治癒力の向上が目的みたいです

鍼灸治療は本来シンプルなもので
効果が発揮できるののだと思っています

IPコードでの入江式経脈治療は
コミュニティ鍼灸にベターだと思います

手足四穴に置鍼or接触andIPコードで結線
・・・経脈の揺らぎで(*_ _)zzZ
008009

身体への応援ですね

賛否はあると思いますが日本でも広まって欲しいものです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です