温鍼の温度は人肌?

温鍼経脈治療の効果の判定は
入江FT(フィンガーテスト)で
脈診部、気海(ダン中)、髄海(百会)の
stがsmに変化しているかで決定してます。

この3ヵ所のsmの維持が効果的で
持続させるのには温鍼の温度だと思っています。

いろいろ温度を試してみましたが
温鍼を殆ど温めず温鍼経脈治療を行っても
上記の3ヵ所はその時はsmに変化をしますが
直ぐに元のstに戻ってしまします。

これでは効果があったとはいえませんね。

今の処、温鍼で経脈を擦った時
皮膚に心地よく感じる温度がよさそうで、smが継続します。

ぬる過ぎず熱過ぎず
これを人肌というのでしょうか?

経脈への応援が35℃?
感覚の表現って難しいですね。

温鍼経脈治療は身体への応援
経脈が受け入れてくれる
温度を皆さんも色々探してみてください。

決め手は
脈診部、気海(ダン中)、髄海(百会)の smの継続です。

スヌーピーの茶筒、可愛いですね♪    そらちゃんも ヾ(^^ ) ヨシヨシ
009  003

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です