温鍼経脈治療~肩凝り~

温鍼で肩凝り治療

肩の各経脈を温鍼で擦ります

胆経(風池→肩井)
小腸経(大椎・肩中愈→肩外愈)
岸膀経(上天柱付近→下方)
督脈(脳戸付近→下方)

各7回ほど経脈を擦った後は温鍼で
風池、肩井、肩中愈、肩外愈、上天柱穴など
FTで反応があるところをタッピング

FTが出来ない方は硬結などにタッピング

002

擦る回数、タッピングの回数は反応がとれるまで
でも、温鍼の温度は人肌ぐらいで
けっして温めすぎないように注意を!

まずは自己研鑽 ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です