温鍼経脈治療~肩凝りⅡ~

首、肩の経脈
胆経、小腸経、膀胱経、岸膀、督脈を
温鍼で擦った後、次は同じ経脈を
温鍼で経脈の流注に沿って
FTをしながら点状刺激をしていきます。

経脈上でstなヶ所がでてきますので
そこをsmになるまで温鍼でタッピングを

smになったら又流れに沿って点状刺激を
そしてまたstなヶ所があったらsmなるまで、
これを繰り返していきます。

経脈を擦った後は点状刺激とタッピングを

004

これが出来れば腰も同じ事
腰痛にもアプローチを ٩(๑´0`๑)۶

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です