焦り

今週は温鍼研究会の開催日

今回は奇経治療で、

まとめたいと思いつつ一歩が踏み出せず。

奇経治療は色々なアプローチの方法があるので

どの方法を提示したら一番よいのか迷いつつ

あれこれと試していると新たに別の診断法を発見。

入江式で内関穴と大陵穴の中間の処を奇経治療の診断点とし

そして陰陽の適応を左右の角孫穴で決定するのですが

陰陽の決定を先の内関穴と大陵穴の中間点で行う方法を、

ようは脈診の診断と同じ考えで円筒磁石を診断点に置き

どちらの向きでよりstになるかで陰陽の決定を行うのです。

これでstなら陽の奇経の適応とします、逆なら陰です。

008009

新たな発見で喜んでいる場合ではないですね

さっさと資料を仕上げなくては・・・・・・/(^◇^;)

IP治療と箱灸・・・相乗効果で治癒力も倍増

005

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です