経脈も正確に

当たり前ですがツボを正確にとる事の

大切さは周知されています。

入江先生はツボを5ミリ違う処にとると

治療効果は半減するとよく言われ、

取穴でよく怒られたものです。

しかし取穴と同じように経脈を正確にとる事の

大切さは知れ渡っていません。

とくに温鍼経脈治療の場合には

経脈を温鍼で撫ぜたり、叩いたりして調整します。

病んでいる経脈を正確にアプローチするのと

ツボのように5ミリずれてのアプローチは治療効果は違ってきます。

例えば左肺経が病んでいるとすれば

赤色の経脈と黒色の経脈とでは随分と異なった効果となります。

001

経脈の反応がとれているか、いないかは中府辺りで判断しますが

経脈を正確に捉えて治療しなければ中府辺りの反応は

わずかに残ったままになります。

言い換えれば中府穴辺りの反応がきれいにとれていない場合は

経脈へのアプローチがわずかにずれている事になります。

これでは折角、正しい診断をくだしても

取穴の正誤と同じように治療効果は半減しますね。

特に温鍼経脈治療の場合には経脈にアプローチしますので

経脈をなおざりにしないよう気をつけてください。

一経一経正確にアプローチし、そしてその都度FT(フィンガーテスト)で確認、

st(スティキー、異常)がきれいにsm(スムーズ、正常)になっているか診て下さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です