スムーズになるまで

経脈と同じで愁訴部もst(異常)がsm(正常)になるまで

施術を繰り返し行うのですが・・・

例えば腰痛

FT(フィンガーテスト)で斜線部分がst(異常)、

督脈、仙骨、臀部など斜線部分のstがsmになるように

IPコードや温鍼で施術をします。

014

しかし、少しでもstが残って治療を終えると効果は半減します

FTに慣れてしまうと経脈と同じで僅かなstをなおざりに、

愁訴部も同じ、特に仙骨部はしっかりとstをとり、

smを確かめて治療を終えて欲しいものです。

FT(フィンガーテスト)のポイントはやはりsmです、

この辺の処は11月15日(日)の温鍼研究会で、

参加お待ちしています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です