原穴診で経脈の把握、分析

最近は治療前の診断に

FT(フィンガーテスト)やST(スライドテスト)で

十二経脈の原穴診をする事が多くなりました。

原穴診をするメリットは細かく病んでいる経脈の

分析ができ、それにより

滞っている経脈の疾患や身体の左右上下の

どの部分がダメージがあるか把握ができやすいですね。

また事前に把握できると患者さんとのコミュニケーションがとりやすく

信頼関係にも結びつきます。

はり・灸 森の風では

まずは経脈の把握と分析が一番だと考えて施術を行っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です