腰痛、こんな方法でアプローチ

最近の腰痛治療

まずはイメージ診で腰痛に関わる筋肉、

腸腰筋、腰方形筋、脊柱起立筋・・・

など異常のある筋をFT(フィンガーテスト)で検出。

あとは経脈を温鍼で調整し

異常の反応があった筋肉が

正常に戻っているかFTでチェックして終了。

今回は異常のある筋肉の選択と

反応がとれているかがポイントでした。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です