温鍼を効かすには

久々に朝からクシャミ、鼻水、涙目・・・

止まらない!

そして腰の方も鈍痛が(--)

診療に差し障るので温鍼での経脈治療。

温鍼で胃実での経脈治療と腰へ脊柱治療を施術。

余り変化なし、次に熱めにねっした温鍼で

同じ治療を行うと症状は解消!

やはり温鍼は温度が決めてですね、

料理に例えると

焼き魚、十分に火が通ってなかったら食べれません、

焼きすぎると食べれたものではありません。

それと同じ、温鍼を効かすのは温度が大切ですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です