情報は手から (1)

東洋医学は体表解剖学。

体内の情報をカラダの外からとらえ診断、治療。

その診断の代表部位は手首の脈診部、腹部など

ですが、手のひらの情報も重要。

花粉症、風邪、アトピーは手のひらのこの部分に反応が。

001

逆にここに反応があれば上記の症状を疑ってみます。

そして治療もここの反応が取れるようしないと

治らないと言うことです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です