温鍼、経脈を外さないように

温鍼で異常、治療経脈を正す時、
線上、点状に刺激を与えます。

この時、注意が必要なのは
確実に経脈上に刺激を
与えているかが大切です。

当たり前ですが経脈から
外れていたら効果はありません。
胃経、脊柱などは特に注意が必要です。

確実に病んでいる経脈などに刺激が
与えられるようにしてください。

その為にはやはりFTをしながらの
線上、点状刺激がベターかと思います。

ST(スライドテクニック)と呼んでいますが
st(スティキー・異常)を捉えながら
病んでいる経脈を治療できます。

もしsmしか感じなければその経脈の
場所は間違っており、ずれて治療をしている筈です。

026

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です