気づいたこと Ⅱ

何が気づいたかと言うと
各脈診部に紙包磁石の
N、S極のどちらを置いても
sm(正常)にならのケースが
あるという事です。

そんなケースは手首の
奇経診断部に紙包磁石を
置きFTで診てみると
smになる場合があります。

017

奇経治療と経脈治療の
どちら適応か判断できますね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です