フィフティー、フィフティー

三度、精子の話ですが
精子の頭部には核があり、
ここにDNAの半数が詰まっていまして、
もう半数のDNAは卵子にあり、
受精で掛け合わされます。

そして、受精卵からの分割と成長していきますが
卵子よりもし精子の力が弱かったらどうでしょう?
評価のいい受精卵でも着床に結びつかなかったり・・・

患者さんの中で質のいい受精卵、フカフカの子宮でも
授からなかったケースがあります。

男性へのアプローチが出来ていたら結果が違ったかもと、
非常に残念に思うときがあります。

精子の量、運動量を調べる通常の精液検査で
「正常範囲」と言われても中々授からない時、
もちろん泌尿器科の受診も必要ですが
それと「精子への応援」も必要だと
パートナーに知ってもらいたいもんです。

随分と遠回りされているケースがあります
それでも授かった場合はいいのですが・・・

002

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です