奇経、同側も

奇経治療、IPコード対側にとる事が多いです。

そういう概念で診断してみるとしっくりせず。
結局は同側でのIPコードの結線が
一番反応がとれスッキリ。

やはり最後は自身の診断能力が決め手ですね。

001

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です