掌は五行の縮図

経脈、奇経、経別治療における
IPコードの結線の時間は
何分間がベストなのか?

入江先生は結構長かったです、
長い時は20分間ほど結線していましたね。

鍼灸師の間での3分、5分、10分間とまちまちですが、
当方では掌のsmで決めています。

結線後、何度か掌のstがsmになっているかFTで確かめます。
納得のいくsmなら時間は関係無しで終わります。

掌は身体全体を表し五行の縮図と考えています。
だから掌のsmが五行が整っているかの判断になるのです。
掌で始まり掌で終わる事を大切にしたいです。
掌は五行の縮図・・・なかなかの名言かも(・・。)ゞ テヘ

IMG_20180218_161101-1IMG_20180218_160802

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です